DataSign FE に関する3件の特許を取得しました

この度、DataSign FE のサービス検出機、オンラインプライバシー通知自動生成機能(実装済み)および、CSP(Content-Security-Policy)を用いたリクエストブロック機能(実装予定)に関する特許を取得いたしましたので、お知らせいたします。

特許取得について

DataSignでは、パーソナルデータの透明性を確保し、提供者、利用者が安心して、データの利活用を行うことが出来るよう、プロダクトの開発を行っております。

この度、パーソナルデータがどこに送信され、ウェブサイトがどのようなサービスを用いているかを特定し、必要なオンラインプライバシー通知を自動生成する技術、必要のないデータ送信をウェブサイト側からブロックする技術に関して、3件の特許を取得いたしました。

特許取得においては、平田国際特許事務所様のご尽力により、出願から半年もかからず、取得することができました。


特許概要
特許番号第6218054号
発明の名称利用サービス特定装置
出願日平成29年4月27日
登録日平成29年10月6日
特許番号第6218055号
発明の名称利用サービス管理装置
出願日平成29年4月27日
登録日平成29年10月6日
特許番号第6218058号
発明の名称利用サービス管理装置
出願日平成29年4月27日
登録日平成29年10月6日