News

Facebookデータの不正流通問題が話題になり、2018年5月25日にはEUでGDPRが施行されるなど、プライバシーに関わる興味関心が高まりつつあります。

当社ではデータ活用の発展に伴って発生してきているプライバシー・セキュリティ問題の対策ツールを開発しており、これを機会に、オンライン広告とプライバシー・セキュリティに関するセミナーを開催することといたしました。

本セミナーでは、オンライン広告の歴史を振り返りながら、データがなぜ必要になり、なぜFacebookやGoogleが繁栄したかを説明し、過去のプライバシーにおける論争にも触れながら、最新の広告手法や日本における個人情報保護法・ガイドライン・GDPR等の対応状況を紹介していきます。

セミナー概要

(本セミナーは満席となりました)

日程 2018年7月11日 水曜日
時間 16:30 〜 18:00 (開場16:00)
場所 東京都渋谷区道玄坂1-15-3 プリメーラ道玄坂 会議室
内容 オンライン広告の基本と歴史
プライバシー・セキュリティリスク
各社のウェブサイトにおける対応状況
講師 太田祐一(株式会社DataSign Founder 代表取締役社長)
日本初のDMPの開発に携わり、その後も複数のDMPやMAを開発。
データ活用の透明性確保と公正なデータ流通を実現するため、株式会社DataSignを設立。
ISO/TC 307 Blockchain and distributed ledger technologies 国内審議委員会 委員。
総務省「情報信託機能の認定スキームの在り方に関する検討会」オブザーバ
一般財団法人 情報法制研究所 研究員。
お申込みはこちら
news seminar