データクリーンルームの構築なら
DataSignにお任せください

利用者のデータを活用したマーケティングでは利用者のプライバシーへの配慮がこれまでになく求められています。 DataSignはさまざまな業界で利用者のプライバシーに配慮したデータ活用基盤の構築を支援してまいりました。これらの経験を活かして貴社のデータ活用基盤の構築をお手伝いします。

利用者のプライバシーを尊重

利用者のデータを利用したマーケティングの重要性はますます高まっています。一方マーケティングにおいて、利用者のプライバシーを尊重するにはデータの収集、分析、可視化の各段階でさまざまな対応が必要です。DataSignのデータクリーンルーム構築サービスはそれらの課題の解決をお手伝いします。

データ収集

データ収集

利用者にデータの取得や取り扱いについて正確な情報を伝えるほか、CMPなどにより利用者にCookieの制御方法を提供することが望まれます。 DataSignは利用規約や個人情報保護方針の作成のほか、CMPの導入も支援いたします。

利用者を尊重したデータの収集

データ加工

データ加工

利用者のプライバシーに配慮するためにはデータを用途に合わせて仮名化や匿名化するなどの処理が必要です。 DataSignはデータの仮名化や匿名化処理に対応するほか、安定的に利用できるデータウェアハウスを提供いたします。

プライバシーを守るデータ処理

データ活用

データ活用

データウェアハウスに保存されたデータはさまざまな用途で活用されます。可視化ツールや広告配信ツールとの連携やAPIを利用したシステム連携などが考えられます。 DataSignは用途に合わせたデータマートとの連携を支援します。

さまざまデータマートとの連携

データ収集・データ加工・データ活用の流れ

利用者を尊重したデータの収集

プライバシーを守るデータ処理

さまざまデータマートとの連携

お困りではありませんか?

データクリーンルームとはなにか?既存のデータ活用基盤となにが違うのか?

DataSignは、さまざまな業界のお客様のデータクリーンルーム構築を支援してまいりました。この構築経験を通じて得た知見からご説明、構築の支援を行います。

既存のデータ活用基盤を活用しながらデータクリーンルームにシフトするにはどうすればよいか?

DataSignは、情報銀行の認定事業者です。情報銀行システムの構築、運用の経験を生かしてクラウドへのシフトやシステムのモダナイズのお手伝いをします。

個人情報保護を遵守してデータを活用するにはどうしたらよいか?

DataSignは、国内外のプライバシー関連技術・規制を注視し、知識を更新しています。これらの知見をいかして個人情報保護方針やサービスの利用規約の作成もお手伝いします。

お困りではありませんか?

まずはご相談ください