攻撃を受けたことすら気づかない「ウェブスキミング」の防ぎ方

攻撃を受けたことすら気づかない「ウェブスキミング」の防ぎ方

開催日:2024年7月23日

レゴリス社主催のウェビナーに、当社の宮崎が登壇します。多くの方のご参加をお待ちしています。


「ウェブスキミング」と呼ばれるサイバー犯罪があります。これはウェブフォームから、クレジットカード番号などの情報を盗み取る犯罪であり、犯行に気づくのが非常に難しいという特徴があります。被害にあう個人も、犯行が行なわれるウェブサイトを運営する企業も、原理的に、犯行に気づくことが不可能なのです。

当局は個人情報保護法のガイドラインを改正し、企業へ対策を促し、被害を防ごうとしています。しかし認知が広まっていないのが実情です。

そこで、本ウェビナーでは、CMP(同意管理プラットフォーム)の領域で先進的な取り組みを行っている株式会社DataSignビジネスデベロップメントの宮﨑洋史氏をお迎えし、ウェブスキミングの手口と、それを防ぐための仕組みをお話します。ウェブサイトを運営するすべての方にお勧めの内容です。(レゴリス社告知ページより)

開催概要

  • 開催日時:2024年7月23日(火)13:00-14:00
  • 開催場所:オンライン(Zoom)
  • 参加費用:無料(要事前登録)

登壇者

  • 橋岡 和樹:株式会社Legoliss アカウントマネージャー
  • 宮崎洋史:株式会社DataSign ビジネスディベロップメント担当

参加ご希望の方は、下のフォームからお申し込みください(レゴリス社のサイトへ移動します)。