同意管理プラットフォームに関する学術論文を投稿しました

同意管理プラットフォームに関する学術論文を投稿しました

2020年4月13日

DataSign単独で初となる学術論文を、情報処理学会セキュリティ心理学とトラスト(SPT)研究発表会に投稿しました。

「Cookieを受け入れますか」のようなポップアップに代表される同意管理プラットフォーム(CMP: Consent Mamagement Platform)が現在多くのサイトに導入されています。この論文では、日本におけるCMPの広がりと、実際にCMPがウェブサイト上でどのように動作しているのか?利用者の画面操作と内部の動作に違いはないか?正しく動作させるために注意すべきことは何か?といった研究内容をまとめました。

この研究から

  • 日本のウェブサイトでもCMPの導入が増加している
  • しかしながら既存のCMPの約65%は、利用者による画面操作と内部挙動に齟齬があり、正しく動作していない可能性がある
という主要な発見がありました。この研究に関する情報は、DataSignのブログ等でも発信していく予定です。

DataSignにおいてもパートナー企業と同意管理ツールの提供を開始していますが、科学的に公正な立場からCMPが正しく動作するウェブサイト環境の普及に努め、ウェブサイト利用者のプライバシーが尊重され、サイト運営側にとってもCMPがウェブサイトの付加価値になるように努めていきます。

※ ここに掲載した著作物の利用に関する注意

本著作物の著作権は情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。

お問合せ